他のツールとの連携が可能か確認しておく

ツールの連携性は導入時に重要

マーケティングオートメーションシステムの導入を検討するときには、他のツールとの連携について確認しておきましょう。今まで、オンライン化オフラインかに関わらず、実施してきたマーケティングについてどのようなツールを周辺で利用してきたかを一通り調べておくのが肝心です。連携できるマーケティングオートメーションシステムを選べば、今まで使ってきたツールをストレスなく利用し続けることができます。場合によっては今までは連携がなかったために工数が増えていた業務が、スムーズに行えるようになって効率が向上する可能性もあります。新しいシステムの導入に伴う現場のストレスも少なくて済むので、可能な限り連携できるシステムを選びましょう。

今後の展開も考えよう

マーケティングオートメーションシステムは拡張性が高く、様々なツールやサービスと連携することでより高度なマーケティング施策を立てることも、業務効率を向上させることもできます。今まで利用してきたツールだけでなく、今後利用する可能性があるツールについても考慮してシステムを選びましょう。まだ社内のIT化があまり進んでいないケースでは、既存のツールがほとんどないから連携できなくても構わないと考えてしまいがちです。しかし、IT化は急速に進行しているので、近い将来には有用なツールを導入したいと思う可能性が高いでしょう。マーケティングオートメーションシステムが連携可能なツールを見てみて、あったら良いと思うツールが多いシステムを選びましょう。